ATOS接近音着メロダウンロード
ATOSの接近音の着メロをダウンロードしてスマホのアンドロイドやiPhone、又は携帯(ガラケー)に着信音に設定して楽しもう

↓スマホ・携帯からアクセス!
ATOS接近音着メロダウンロード


ATOSの接近音の着メロをダウンロードしてスマホ(スマートフォン)・アンドロイド・iPhoneや携帯(ガラケー)に着信音などに設定して音を色々と楽しもう。

ところで携帯着信音にATOSの接近メロディを設定する方法もありJR東日本やJR西日本の接近メロディやATOS接近音をダウンロードしてやはり携帯着信音に設定して着メロとして音を楽しむ方法もあります。

またATOSの接近チャイムやATOSの接近メロディーもダウンロードして鉄道ファンに負けない位にアピールするのもありかも。だいたい音鉄の人たちは駅のプラットフォームで自分の好きなサウンドを録音して家で聞いていたりするものなのです。

またATOSの接近メロディーをダウンロードして着メロに設定して楽しむのも音楽としてありだね。つまりATOSの接近メロディも着信音に設定するファンがとても多いものなのです。これは最近鉄道ファンが多くなってきた証拠とも言えるんだけどね。

もちろん発車メロディに関してもJR東日本の発車メロディー集やJR西日本の発車メロディー集が最近では注目を浴びているものなのです。これはやはりメディアで取り上げられた事により発車メロディーが一般の人たちにも広く普及してきた証拠とも言えるのです。

つまり都市圏における駅のサウンドは第一に覚えやすくて親しみやすいメロディーが第一条件であり、山手線を筆頭に中央線、各私鉄、新幹線など様々な路線で流れているサウンドと言えるし、特にプロのサウンドクリエーターがATOSの作曲をして話題になっている駅もとても多いらしいです。

また山手線の発車メロディーをダウンロードしたり、他にもお気に入りの発車メロディを探して着メロとしてダウンロードした後には着信音に設定したりするのもやはり鉄道ファンとしては当たり前の事なのかも知れないですね。

つまり日本全国にいる鉄道ファンは汽車に乗るだけでなくサウンドに注目し始めている証拠とも言えるのです。また口コミでもだいぶ注目されている駅に流れるATOSのサウンドの情報を鉄道ファン同士で共有してチェックしているみたいなのです。

また一度JR東日本の接近放送も大好きなサウンドで聞いた事があるのですが西日本の接近メロディと同様でやはり駅に近づく時には接近放送の前に接近メロディーを流す列車も多いものです。だからATOSのサウンドが私の記憶に残っているんだと思います。

ところで鉄道ファンがATOSの接近音の着メロをiPhoneにダウンロードした時にだいたいは着信音に設定すると思う。なぜなら今はあまりメールをする人が少なくなり、やはり着信音ならそのサウンドを聞く機会があるからです。

ところで話しは変わりますが私が大好きな駅メロの中でも接近放送が大好きです。特に朝のラッシュアワーの時に聞けるATOSの放送は何を言っているのか分からない時もあります。まああれだけ混んでいたら当たり前の話しですし乗客も先を急いでいると思うので。

だけどこれが地方に旅行に行くと列車が近づくと実に味のある接近放送をしてくれるのです。標準語を喋っているけどやはり多少はなまりが混じっていたりすると微笑ましく感じるものなのです。

また特に感じるのは自動であるATOSの駅に列車が近づく時の接近音をダウンロードしてiPhoneの着メロに設定するんだけど、携帯着信音だけでなくスマホの着信音に設定する鉄道ファンがとても多いものです。

しかし考えたら田舎に行けば一日の列車の本数はとても少ないし、ATOSみたいに自動で放送を流さなくても車掌さんや駅員さんが直接喋る駅も多いものです。ただ都会、特に東京だととてもじゃないけど自動放送じゃないとなかなか乗客に伝わらないものだと思います。

ちなみにATOSの音を携帯のスマホでアンドロイドよりも最近はiPhoneを持っている人が多くなってきたので着メロもiPhoneにダウンロードして楽しむ人が多くなってきました。

つまり駅メロに関しても以前に比べてだいぶ趣味としてスマホに設定する人が増えたのです。一番の理由はたびたびメディアで取り上げられるのであらためてその音楽の良さに気がつく人がダウンロードして楽しむのです。つまり今までは一部の鉄道ファンのものだったのが最近では一般に広がってきたのです。

まあ元々旅行が好きな人が多いと思うし、駅メロに対してあまり今まで意識しなかったけど、あらためて駅に流れているメロディに意識を向ける人が多くなったのは私はとても嬉しい事なのです。だってそれだけファン層が広がったわけだから。

ところで関東ではやはり山手線が有名で京浜東北線や京葉線、中央線とか様々なシーンでATOSの接近音が流れています。やはり自動放送じゃないととてもじゃないけど追いつかないのが現状でしょう。

つまり郊外ではまだ自動放送だけじゃなくて駅員が直接放送している地域もあるけど首都圏を中心に一日の乗降客数が多い地域ではATOSの自動放送を利用しないととてもじゃないけど乗客を誘導できないもの。

しかも接近音に関してもATOSみたいに自動でおこなうのでサウンドとしては着メロに最適な音楽でダウンロードしてそれぞれ楽しむのに丁度良い音の長さだと思うのです。


ATOS接近音着メロダウンロードメニュー
発車メロディーダウンロード


※ATOSの接近音の着メロダウンロードサイトはスマホのアンドロイドやiPhone、又は携帯(ガラケー)のドコモ・AU・ソフトバンクやPCに対応しています。